2013年06月19日

NPO法人労働相談センターに行っていたわけで。

ブラック企業.jpg

2013年6月16日。

テラグラムにとって大きな出来事がありまして・・・東京に行った訳で。

スカイツリーと富士山見たった!

富士山.JPGスカイツリー.JPG













テラグラムは、アーティスト(音楽家)な訳ですが、

良い曲を作って多くの人の心をほっこりさせてあげれて世に出られて・・・というのは多くの音楽をやっているアーティストは考えるのだろうと思います。テラグラムももちろんそうですよ!

(世の中に恋愛の歌や応援ソングが多いのはそういう事なのかな?)


が、


それだけではなくて、「社会問題にかみつく野郎どもがいてもいいんじゃないかな」、て思う訳で。



何故そう思うようになったかといいますと、「株式会社DQNwww」という曲ができたのです。



youtubeにアップさせていただいてから結構な反響がありまして。

要するに、今までの周りの反応とは異質な反応があちらこちらから上がりまして。

この曲は実録ブラック企業の情景描写でして体験談です。


「これはもっとこの題材で社会に訴えないとアカンやろな」

て思った訳です。


このブラック企業問題が大きく取り上げられている理由がわかったような気がいたします。

労働環境が多少悪かろうが、他でカバーできる面がある会社ならこのような問題は出ないと思う訳です。

電車がよく止まります。飛び込む人がいるんです。首吊りが起こります。


その自殺の背景は多くの場合が「労働問題」だそうです。



ならば、そこを変えないとこの国は衰退するんちゃうん!?



という訳で、この曲ができました。

(作った本人より、voのsoraが血管ブチギレで狂気の沙汰でレコーディングをしたのが印象的でございました) 魂のキーボードソロも聞いてみてね!感情で弾いてるからwww














労働相談センター副理事長の矢部氏と会いました。

「株式会社DQNwwwの歌詞がリアルすぎる!」「本当にその通り!」との事でした。


実際の相談事例も見せていただきましたし、我々の面談中もすぐ横で相談者が助けを求めて切実なやり場のない怒りを吐露してました。


そこで思ったのは、「俺らだけじゃないんだ、こういう体験をしているのは」て事です。

キーワード1つ出せばお互い共通認識で話がどんどん進みます。


労働相談センター側も、そして我々テラグラム側も共通の思いは、、、

「この問題をどげんかせんといかん」

て事です。

テラグラムは労働相談センターとコラボしながらこの問題を社会に訴えていく事になりました。


不当解雇・パワハラ・理解不能な業務命令・長時間労働・休日出勤・・・・・etc


皆様ひとりで抱えないでください。労働相談センターに相談してください。

その会社を呼びつけて「オイこら!!!」て言ってくれるくらいのパワーを持った団体です。

実際かなりの企業に「オイこら!」て言うてます。

だけではなくて、法律面からも確かなアドバイスをくれます。

なんせ構成メンバーが心強い!


 弁護士    五百蔵 洋一

 弁護士    井上  庸一

 弁護士     加藤  晋介

 弁護士    倉内  節子

 弁護士    山崎   新

 弁護士    笹山  尚人

 医  師     平野   敏夫

 医  師    久保田 哲代

 社労士     山本  雅弘

 社労士     岬   篤嗣

 社労士・ 行政書士   武井  政親

 司法書士   野口  正泉

 産業カウンセラー  羽矢  節子

 産業 カウンセラー  大村 夕子

 性暴力被害支援看護師   三田村 博子


労働相談センターのブログでテラグラムを紹介していただいております




ブラック企業は宗教的というか軍隊というか、ま、ナチスよろしく精神操作をしてきやがります。

その渦中にある人はまともな判断がくだせないように持っていくのです。

そこが狙いなのです。汚ねぇやり方。


まず、「自分はできない奴だ」と思わされます。色々な手法を用いて!

(ここは株式会社DQNの中で描きました。歌詞も合わせてお聞きください)



というかですね、

全ての体験を1曲にしようと思ったら1曲が60分以上になりますのよww



だから、曲で描けなかった部分は文字で記事にしていければと思います。

見えるブラックと見えないブラックがあるので、やはり強いのは実録www





では早速・・・



本日のブラック体験事例MAX


とある会社が正社員募集出してました。ミラー・鏡販売の会社でした。大阪府●●市

インターネットで募集かけてました。(ハローワークでは見つからなかった会社です。)


内定貰ったのでハロワ行って「再就職手当」の申請書類をもらって会社に渡しました。

その次の日から社長の様子がどうもおかしい。


DQN社長:「再就職手当って、何???」(←何で知らんねん!おまえ経営者やろが!!)


DQN社長:「その手当の金はどこから出てるの??」

アタシ:「雇用保険からです」

DQN社長:「え…gfjgf背vbがwjxchjbdっせbン、vdkgh・・・・・・」


この状況から推測するに、この会社は雇用保険に入っていない。ありえん。

だからハローワークがからんだら都合悪い訳です。

だからわざわざ金はたいてネット求人に頼る訳です。ハロワとかかわりたくないのです。

程なくして解雇通告してきおりましたわ。色々理由つけてね!

「覚えが悪い」「素行が悪い」・・・etc


でも、本質はそこじゃない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【雇用保険未加入トラブル】

最近では、雇用保険についてのトラブルが急増しています。

その中でも特に多いのが、雇用保険の未加入トラブルです。


具体的に、どういったものかと言いますと、

雇用保険への加入義務があるにも関わらず、雇用保険へ加入させないことにより、本来、失業時に受け取れるはずの手当を受給できないといったものです。


特に、アルバイトやパート労働者、派遣労働者でも、一定の要件を満たせば、正社員と同じく雇用保険へ加入させなければならいのですが、適当な話や嘘を並べることにより雇用保険へ加入させていない会社が多くあります。


また、ひどい話では、雇用保険料を給料から差し引いていたにも関わらず、雇用保険への加入手続きを行っていなかったということもありました。


どちらにしても、そのような事態に気付くのは多くの場合、退職後です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


バレたら自分に被害が及ぶ!て思ったDQN社長がアタシを都合よく解雇したのです。

ま、本質はピンと来たので笑って去ってやったけれど。


・・・・・あの時一緒にいた職員たちは今悲しんでいないだろうか・・・気になりますね!



This is ブラック企業

・・・こんな企業は遠慮なく躊躇なく潰しましょう!駆逐しましょう!


by エレンイェーガー???

進撃の巨人(ブラック企業)は駆逐せなあかんねん!
posted by テラグラム at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする